さかなを眺めて暮らしたい

投資初心者のコツコツ勉強記録

【2020年】ふるさと納税とiDecoの節税効果を公開する

どうも、資産運用初心者のchuck(@chuck_trader)です。本日、2019年分の確定申告を終えました。

この記事では確定申告の節税効果について記録します。

 

※本記事の内容はあくまで筆者個人のものです。控除額は個々人によって異なることにご留意ください。

 

節税効果

2019年に行った節税は2つ、ふるさと納税iDecoの利用です。それぞれどれほどの節税効果があったのか、見ていきます。

 

控除なし

まず控除なしの場合、所得税827,500円でした。

 

社会保険料控除

まず、社会保険料控除を加えます。1年間に払った健康保険国民年金の保険料を加算します。

2019年の保険料は合計で666,840円でした。

社会保険料控除を加えた結果、所得税691,500円となりました。なんと約13万円もの節税効果。保険料は基本的には誰もが払うもの。絶対に控除を忘れないようにしたいですね。

 

+小規模企業共済等掛金控除(iDeco

次に、小規模企業共済等掛金控除を加えます。iDecoの掛金の控除は、この小規模企業共済等掛金控除に含まれます。

2019年、iDecoの掛金は合計で400,000円でした。

小規模企業共済等掛金控除を加えた結果、所得税609,800円でした。約8万円の節税効果でした。

 

+寄付金控除(ふるさと納税

次に、寄付金控除を加えます。ふるさと納税の控除は、この寄付金控除に含まれます。

2019年、ふるさと納税は合計で73,000円でした。

寄付金控除を加えた結果、所得税594,900円でした。約1万円の節税効果でした。少ないですが、ふるさと納税の控除は住民税からの控除がメインですもんね。

 

その他

今年は医療費控除は使えませんでした。とてもシンプルに説明すると、医療費控除が使えるのは、その年に払った医療費の合計が10万円以上だった場合。

 

一言まとめコメント

まとめです。節税効果を、具体的な数値とともに書いてきました。

所得税827,500円から594,900円になったので、節税効果は232,600円でした。

 

 

書いている人

まだまだ初心者ですが、個人投資家として相場振り返りをしております。

お気軽にフォロー・購読どうぞ!

twitter.com

www.learn-to-invest.info