さかなを眺めて暮らしたい

投資初心者のコツコツ勉強記録

2019.11.08 相場振り返り 日経平均ピークアウト後は2万2850円まで下落? / 世界の19兆円の債権が返済不能に?

初心者投資家が今日の相場を振り返ります。

日経平均終値で 23,391.87円 (+61.55円)、 ドル/円は 109.43円 です(11/08 21:47現在)

 

こちカブより

こちカブの本日の放送より。気になった箇所を引用。

market.radionikkei.jp

 

3日連続で鎌田記者がアシスタント兼コメンテーターでしたね。個人的には、鎌田さんは岸田さんと同じくらい好きなので全然嬉しいのですがw

 

昨夜、米国市場では史上最高値を更新。米中貿易摩擦の楽観ムードでリスクオン。

 

債券相場の動きについても注目。アメリカの10年債は利回りが上昇中。債権と株価の関係について。アメリカの10年債利回りは世界最大のマーケット。資金の動きに注目できる。債権が大きく売られており、その売却益はエクイティに流れたのではないかという話。

また、債権利回りが戻り高値となり、2%超え。今回のFOMCによる利下げは景気悪化による利下げではなく、米中貿易摩擦のダメージへの予防的利下げだった。ゆえに、リスクを取っていいと判断されたという流れ?

 

金は大幅反落。

 

また、番組の後半では相場の過熱感について解説されています。いったんピークアウトして下がったところで入るのが推奨されています。

下げ幅については直近の窓を埋める水準がポイントとなり、22,850円あたりとのこと。25日移動平均線を目安にした場合。なるほどなぁ。

 

ザ・マネーより

本日のザ・マネーより。気になった箇所を引用。

market.radionikkei.jp

 

市場の総楽観ムードに言及。

11月高いのはアノマリー。特にNYダウ。

 

トランプ大統領はスーパー・チューズデーを見据えて慎重姿勢?トランプ大統領への不支持はじわりと上がっている。それでもまだトランプ大統領は現状優勢。トランプ大統領貿易赤字ゼロを掲げているので、これからも中国に対して押して引いてを繰り返すだろうという予想。アメリカの議会も中国総叩き。

 

ファンドマネージャーは金余り状態。彼らはインデックスに勝てないと業績を上げられない。

 

西山孝四郎さんはまもなく景気後退に入るとの予測。

ウォーレン・バフェットは「相場は空よりも高い」と発言、現金比率を高めている。

 

リーマンショックの半分の下落が起これば、世界各国の19兆の債権が返却不能になるとのこと。

社債発行→自社株買い→1株利益が上がる。というスキームがあるのか。

 

一言まとめコメント

相場の好調が続いています。日経平均は果たして、24,000円に達するのか…?

初心者個人投資家としては引き続き様子見です。むしろポジションを減らしておきたい…。評価損が最小化されている今こそ損切をして損益通算を期待したいです。(幸い今は実現益の方がいいので…)

 

ちなみに、来週は三菱フィナンシャルグループの決算発表ですね。

三菱フィナンシャルG(8306)は今回の円安、株高で最も好調な株の1つだと思います。株価が決算発表を控えてどうなっていくのか。注目です。

 

以前三菱フィナンシャルグループについて書いた記事↓↓

www.learn-to-invest.info

 

書いている人

まだまだ初心者ですが、個人投資家として毎日相場振り返りをしております。

お気軽にフォロー・購読どうぞ!

twitter.com

chuck0523.hatenadiary.jp