さかなを眺めて暮らしたい

投資初心者のコツコツ勉強記録

2019-08-13 米中貿易摩擦の激化 & 人民元を気にし始める投資初心者

米中貿易摩擦 激化

トウシルより。

media.rakuten-sec.net

 

米中貿易摩擦によるリスクオフが止まらないですね…。

日本は三連休でしたが、祝日である月曜日、NYダウは -389.73 ドルの下げ。

 

f:id:chuck0523:20190813081109p:plain

2019/08/12 NYダウ値動き

 

トウシルより引用。

 

 2019年に入ってから、米中対立が緩和するか激化するか、トランプ発言によって思惑が変わり、世界の株式市場が振り回されています。1~4月まで、米中協議の「合意が近い」とのトランプ発言を受け、世界株高が進みました。ところが5月、トランプ米大統領が、中国が合意を守らないという理由で、制裁関税(2,000億ドル相当)の税率を10%から25%に引き上げると、世界的に株が急落しました。

 

そうそう、5月の連休に入る前までは、合意が近いなんて言われてましたよね…。

それから連休が明け、今までの間にトランプ・ショックが2度も起こっています。

 

 中国は近年、米国との合意を目指し、米国に気をつかっている時は、人民元高に誘導する傾向がありました(2017年)。ところが米国との交渉が難航し、米国との合意を断念するときには、人民元安に誘導する傾向があります(2018~2019年)。今、米国との長期戦を覚悟しつつある中国は、人民元下落を容認する方向にあります。

 

ああ、この動きは全く知りませんでした…。

普段ドル円しか気にしていないため、人民元の動きを気にしたのはこれが初めてですね。

 

米中貿易摩擦がまだまだ長引くならば、人民元の動向もチェックした方が良いのかも??

 

さて、トウシルの記事では、以下のように締めくくられています。

 

日経平均は、2018年末に一番底(12月26日に一時1万8,948円)をつけましたが、目先、二番底を模索する展開となりそうです。ただし、この下落局面は、長期投資で日本株の買い場となると判断しています。

 

日本株、買い場ですか。

消費増税の件もあり、2019年後半は下げ相場が続きそうですね。