さかなを眺めて暮らしたい

投資初心者のコツコツ勉強記録

2019.11.22 相場振り返り 日経平均 25日移動平均線を死守 / 世界は金融相場と金余り相場

初心者投資家による相場振り返り。

日経平均終値で 23,112円(+74.3)、ドル/円は108.59円(-0.04)でした。

 

こちカブより

本日のこちカブより。気になった箇所を引用。

market.radionikkei.jp

 

ティファニーが4営業日ぶりの反発。ルイヴィトンが買収の提示額を引き上げ、ティファニーが受け入れたことが好感された。

 

昨日の日経平均は一時400円以上下げたものの、終値では25日移動平均線をキープした。下への強さを確認できた。

 

ザ・マネーより

本日のザ・マネーより。気になった箇所を引用。

market.radionikkei.jp

 

日経平均は4日ぶりの反発。

 

来週は感謝祭シーズン。

28日が感謝祭当日。29日がブラックフライデー。そして翌週12/2がサイバーマンデー

相場は閑散となるのか、ボラティリティジャンプになるのか、要注意。

 

12月はイベント目白押し。

11日はFOMC、12日イギリス総選挙、15日が対中関税発動、19日が今年最後の日銀、20日アメリカ暫定、そして半ばはトランプ大統領の弾劾。

 

イギリス総選挙はボリス・ジョンソンが優勢。コービンリスクには注意。

 

「感謝祭では相場は大きく動くことはないが、年内いっぱいは分からない」という予測。

 

来年どうなるか。

IMFが年次総会で「財政出動を行えばいい」と発言。トランプ大統領が減税、安倍首相は経済対策?

中国は負債が溜まりすぎていて、意図的に景気を悪くするのではないかという予測。

政治が経済を作っている。とは言え、金融相場は限界だとも言われている。

 

香港の暴動に関して。

富裕層は既に逃げている。逃げられない若年層は運動に熱心。しかし、香港市場は年初来プラス。金余り相場そのもの。

 

FXと通貨について

ドル円はトレンドレス。

 

マーケットスクエア

アメリカの政治的ストレス増加について。トランプ大統領の思惑とは裏腹にドル高。

 

世界的なリスクにも関わらず、株高。

ブレグジットにイタリアやドイツも続く?EU解体の危機があるにも関わらず、マーケットには織り込まれていないとの見方。

 

マーク・ファーバーはドルが一番弱いとの認識。

マーク・ファーバー - Wikipedia

 

1月に日銀がマイナス金利を深堀りする、と言っている。ETFを更に買う宣言。しかしもう限界まで来ている。

レイ・ダリオは暖簾に腕押しと表現。

 

現在の株高楽観ムードは気味が悪い、との認識。

 

一言まとめコメント

今週もトレードお疲れさまでした。初心者投資家はダブルインバースを少しづつ拾うことができました。本日は30口を買い増し。

アノマリー的には来週こそ上げるはず…。ダブルインバース買い増しのファイナルチャンス?とは言え、ザ・マネーでは「来週は動かず」との予想が…。

うーむ。減価は怖いですし、外したらいったん売る覚悟でいきたいと思います。

 

年末は心穏やかに過ごしたいですしね…w

 

書いている人

まだまだ初心者ですが、個人投資家として相場振り返りをしております。

お気軽にフォロー・購読どうぞ!

twitter.com

chuck0523.hatenadiary.jp